何から始める?幼児教育


子どもには沢山の可能性が秘められています。三つ子の魂百まで、という言葉があるように小さいうちころからどんどん物事を吸収していっています。さてそこで自分の子どもにどんなことをしてあげられるだろうと、考えている保護者の方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。子どもにとって一番身近な場所、それはお家・家族です。まずはご家庭の環境を整えたり、お子さんと向き合う時間を大切にしたりと身近なところから始めていくのはいかがでしょうか。ご家庭にある廃材などを使って工作をしてみる、テレビを消して1日の出来事をお話してみる、台所に立っているときに食材について教えてみる等、些細なことでも子どもたちは1つ1つ吸収していきます。そんな中でお子さんの興味を引いたもの、集中したことを伸ばしていくということも幼児教育を始めるスタートの1つとなります。いかがでしたか。是非今日から始めてみてください。

幼児教育の重要性と親の考え方

三つ子の魂百までという意言葉がありますが、人間社会での幼児期の成長は非常に重要で、それは物の豊かさというよりも愛情の深さということが大きいのではないかということになります。また正しい親の愛情の伝え方ということでも、その子供をゆがめることなく育てるのには非常に大切ということになります。親は子供のことを考えるのが当たり前だという反応は、どうも最近の社会を見ると当てはまらないように見えますが、幼児教育に関しては、愛情というよりも親の考え方が非常に影響しているということがわかります。目先のことだけを見ているか、子供の将来の姿をイメージできているかで違ってくるからです。子供の素質をどのように探そうとしているかということでも、幼児教育の関心の内容で親の考え方がわかるということになります。人生はみんな違うので、親次第で子供の将来の可能性が左右されるということになります。

子供が楽しんでくれる幼児教育

最近では、1歳前後からの幼児教育に力を入れているという話題をよく耳にします。うちには2歳の子供がいますが、住んでいる地域にある習い事の教室、全国的に有名な通信制の教材を扱っている企業などからも、体験を勧めるお便りがよく届きます。お金をかけたくない、ということではないですが、地域にある支援センターのイベントや、同じ年頃の子供達を集めて親子で遊んだりすることなど、地域の自治体も親子関係や子供達の発達を手助けしてくれていて、そのようなイベントに参加することで子供達もお互いの関係性を学んでいけています。親の方がイベントに参加することが苦手な場合もあるでしょうし、その気持ちも分かります。しかし、子供が色んなことを知りたがっている姿を見ると、それを手伝ってあげたいと思うことが親でもあります。子供が楽しんでいることが一番です。

希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 幼児教育のご質問は伸芽会へ